気ままなバイク生活

バイクや日常のこと 自動車整備記録など

ジムニーシエラ(JB74) スペアタイヤカバー取り付け


スポンサードリンク

どうもnobです(^^)

ブログご覧いただきありがとうございます😊

 

JB74 スペアタイヤカバー取り付け



今回は、ジムニーシエラのスペアタイヤカバー取り付けについて書いてみます。

正確には付け替えです。

お客様のご要望でsamuraiのロゴが入ったカバーへ付け替えします。

かつての北米輸出仕様の名称SAMURAIにちなんだ商品のようですね。

 

純正ではバックドアの背面にスペアタイヤが取り付けてありホイール部分にカバーが付いてます。

今回のカバーはフルカバータイプになります。

ジムニージムニーシエラはタイヤサイズか異なろいますが外径は同じなのでタイヤカバー自体は共通な商品が多いです。タイヤの厚みが異なりますのでカバー内側にどちらも対応できるようなパーツが装着されてます。

 

 

いろいろなデザインのタイヤカバーが販売されてますね。ワンポイントで人と違ったカバーへ交換するのも良いですね。

 

ジムニーとシエラのタイヤサイズ

ジムニーのタイヤサイズ     175/80R-16

ジムニーシエラ タイヤサイズ  195/80R-15

外径は、ほぼ同じで幅がシエラの方が少し太くなります。

汎用のタイヤカバーではどちらも対応した商品が多い印象です。

今回のタイヤカバーではカバー内側にスポンジが貼り付けてありジムニーではこのまま装着、シエラではスポンジを外して装着するようでした。

 

このスポンジの厚みがタイヤ幅の違いになるようです。

シエラに装着するのでスポンジ4個取り外しました。

カバー裏のスポンジが取り付けられた状態です。

手で引っ張れば簡単に外れます。(両面テープで接着してある)

 

撮り忘れましたがセンターに黒い樹脂製の純正カバーが19ミリのナットで取り付けてありました。純正カバーは取り外して付け替えになります。

 

取り付けは裏面にあるファスナーを開いて被せるだけなので簡単です。

被せたらファスナーを閉じて最後はマジックテープで止めて完成!

ロゴの位置が水平になってるかな? ま~こんな感じでしょう!

 

同色にペイントされてスッキリした印象です。パット見は純正っぽいですよね。

 

スズキ純正アクセサリーでは、、、

現行のジムニーの純正用品が気になる方は下記をご覧ください。

ジムニー アクセサリーカタログ | スズキ

画像はアクセサリーカタログからです。

純正のハーフカバーでも8000円台、フルカバータイプでは30000円以上するようですね(;^_^A

社外品でデザインも豊富に販売されてますのでそちらを選択した方が良さそうです。

純正品に拘りがなければ!ですけど。

 


新型スズキジムニー タイヤレスカバー JB64 ジムニーシエラJB74 リアゲートカバー 背面レスカバー スムージングパネル 外装パーツ アクセサリー カスタム専用設計 jimmyロゴ付き (ブラック)

 

スペアタイヤ自体外して背面タイヤレスカバーなんて商品もあります。かなりスッキリしてまた違った印象になります。

ジムニーはバイクでいうところのモンキーみたいな感じですね(私感です)

カスタムパーツは沢山出てるし手軽にカスタムできるしいろいろな方向へ自分流に変えられるのって楽しいですよね。

ジムニーにハマる方の気持ちが分かる気がします🤭

普段使いにはちょっと抵抗がありますが大雪の日はジムニーが本当に欲しくなります(;^_^A

豪雪地帯に住んでたらきっと一家に一台ジムニーなんでしょうね?

いや他にも選択肢はあると思いますけど✋

 

ジムニージムニーシエラのボディーサイズの違い

ここで今更記事にするほども無いですがジムニーとシエラはボディーサイズこそシエラの方が大きいですが室内空間に関してはほぼ同じです。私も詳しくは知りませんでした(;^_^A

ボディーサイズに関してはオーバーフェンダーやバンパー形状の違いによりシエラの方が大きいです。ホイールベースは同じ数値ですがトレッドはシエラの方が幅広です。

その為最小回転半径はジムニーの方が小さくより小回りがきくと言う事です。狭い悪路をよく走行する方はジムニーを好んで乗るようですね。

冒頭にも書きましたが室内空間がジムニーとシエラでは変わらない為大人4人が快適に移動するには狭い印象です。ほぼ2人乗りと考えた方が無難です。

エンジンや走行性能

エンジンは軽のジムニー660ccターボ(64ps)からシエラになると1460ccNA(102ps)になるので力強さはシエラに軍配が上がりそうです。

どちらを選ぶかはユーザー次第ですが街乗りの走行安定性で選ぶならシエラ。維持費が安く済むのはジムニー。おそらくこれだけの理由で選ぶ方はいないと思いますが例を挙げるとしたらこんなところでしょうか。

高速走行には向かないので高速道路は苦手です✋

そもそも安定性を求める車じゃないですね😅 悪路最強です!

 

ジムニーの維持費が安いのは軽自動車と普通車の違いからくるものです。コンパクトサイズの普通車を使用してる方はさほど変わらないと思います。

燃費もジムニーの方が若干良いですが大きな開きはないようです。

新車価格はシエラの方がジムニーより20万円ほど高くなります。

あとはデザインや走行性能など気に入った方を選択する感じでしょうね。

 

私だったらジムニーを選ぶと思います。安く購入した分で足回りやホイールなどカスタムしたいですね。結局シエラより高くつきそうですけど(笑)

どうして普通に乗れないんでしょうか? 同世代の車好きなら分かってくれると思います。

私の周りでもジムニーをこてこてにいじり倒してるのは同世代が多いです。若者はドノーマルで乗ってる人多いのに(;^_^A

若いころは車買ったらとりあえずホイール変えて車高落としてマフラー替えてくらいまでは普通でしたけどね。時代の流れですね~

そのうちマフラーなんてついてない車が主流になるのかな?寂しいですが限りあるエネルギーなので仕方ないですネ。今のうちに内燃機関の乗り物を楽しみましょう!

 

 

今回は、ジムニーシエラのホイールカバーについてでした。

関連記事

nob-ism.hatenablog.com

nob-ism.hatenablog.com

 

ブログ最後までブログご覧いただきありがとうございました。

気に入って頂けたら読者登録もよろしくお願いします!

ではまた~😄

気ままなバイク生活では バイクや自動車修理、日常の出来事など書いてます。